たった一回で効果あり!断食がダイエットにいい理由を解説します。

皆さんこんにちは。

ともブログのとも(@fQTewfqCwUqyNjG)です。

悩んでいる人

最近肌の調子が悪いです。そこで断食をしようと思っているのですが、実際効果あるのでしょうか?断食について教えてください!



こんな疑問に答えます。

 

✅この記事の内容

・断食はこんな人におすすめ

・断食のやり方

・断食をやってみた

・断食をやる際の注意点

 

今回は”断食の効果”について解説します。

皆さんは”食べるとすぐに眠たくたる””気分の変化がはげしい”なんてことはありませんか?

そんな時に試してほしいのが”断食”です!

”断食”とは空腹時間を作ることです。

断食にはこんな効果があります。

 

〈断食の効果〉

・体の調子を改善させる

・老化防止

 


僕たち現代人の食事は1日3食が基本ですよね?



しかし、1日3食は食べ過ぎなのです。

もちろん食べることは何も悪くありません。

ですが、胃や腸を休ませることも重要なんです。



僕たち自身がブラック企業になってはいけません。

彼ら(胃や腸)にも休暇を与えてあげてください!



この記事では断食の効果のほかに断食の実践結果についても紹介しています。

では、まいりましょう!

断食とは?


断食とは漢字の通り、食事を取らないことです。



固形物を食べずに体の消化器官を休ませることで体をリセットできます。

そうすることで体に溜まった毒素を体外に出す、いわゆるデトックス効果が期待できます。



一回やるだけでも効果大なのでやる価値は十分にあります。

⬆︎目次に戻る

断食はこんな人におすすめ


断食は「胃や腸による疲れがある人」や「体の内側から綺麗にしたい人」に向いています。



胃や腸内環境や疲れは体に反映されます。



例えば、朝起きた時に体がだるくなることや肌荒れをすることです。

こんな悩みを持っている人に断食は向いています。



断食は丸一日やると効果的ですが、半日だけでも十分効果があります。

「断食1日はキツい!」なんて人にも半日だけなら取り組めるはすです。

ぜひやってみてください!

⬆︎目次に戻る

断食のやり方


断食のやり方は超簡単です!

そのやり方は、食事を取らないです!



内臓を休ませるには食べないことが一

断食の効果的な時間は16時間ほどです。



初めての方は16時間食事を取らないのは難しいと思います。

なので、10時間から断食を初めてみてください!

10時間ファスティングすると、脂肪がエネルギーに使われる。

つまり、痩せます!



16時間断食するとオートファジー効果により、生活習慣病やアルツハイマーの予防効果や老化防止ができます。

でも、いきなり食べることをやめるなんてできませんよね?

よほど意志の強い人ならできますが、僕の場合は無理でした。



そこで僕が断食をやる際に取り入れている方法を紹介します。

この方法は断食初心者の方でも実践しやすいのでぜひ試してください。

⬆︎目次に戻る

睡眠時間を使う

いきなり長時間何も食べるなと言われてもできる自信ありますか?



僕なら無理です。

そこで、睡眠時間を使います!


睡眠時間を6時間と仮定して、残り4時間です。

つまり寝て起きて、昼ごはんまで食べなければいいんです!



4時間くらいなら我慢できる人はずです。

⬆︎目次に戻る

間食にナッツを食べる

「長時間何も食べないなんて無理」って人はナッツを間食に食べてみてください。



ナッツといっても素焼きのものですよ。

ナッツは低脂肪で良質な脂肪を含むので、血糖値の急上昇を抑えれます。

少しで満腹感を得られやすいのでおすすめです。



他にもお粥や野菜スープのような”消化の良いものがおすすめです。



ただし、ヨーグルトは控えてください!

空腹時にヨーグルトを食べると、胃酸がヨーグルトの菌を殺して十分なはたらきをしてくれないためです。

ヨーグルトはあくまで食後です。

⬆︎目次に戻る

断食をやってみた【効果】


実際に断食をした結果、以下の効果がありました。

 

・体重が減った

・体が軽くなった

・食べることへの抵抗感が生まれた

 


僕は睡眠時間を使って断食をやりました。


翌日も消化の良い物を食べてました。

そしたら、体重が−1.7キロ落ちました。

そして体が軽く感じ、ダルさがなくなりました



実際に断食をしてみて、内臓を休ませるのって大事なんだなと実感しました。

⬆︎目次に戻る

断食をやる際の注意点


断食をやる際は以下の注意点があります。

 

〈断食やる際の注意点〉

・運動はしない

・反動に気をつける

 


⬆︎目次に戻る

運動をしない

断食をする際の注意点の1つ目は“運動をしないこと“です。



断食中は体の中の栄養素が少なくなっています。

そんな状況で運動をすると体によくありません。



僕も半日断食中に筋トレをやりましたが、途中で気分が悪くなりました。

もし、運動をするなら筋トレなどの激しい運動ではなく、ウォーキングなどの軽い運動程度にしておくことがおすすめです。

⬆︎目次に戻る

反動に気をつける

断食をする際の注意点の2つ目は“反動に気をつけること“です。



断食は食欲を抑える行為です。

食べたいと思う気持ちを我慢して断食します。



その結果、断食が終了した後、反動でドカ食いをしてしまいます。

断食後の反動を抑えるためにスープ系の間食を取り入れることがおすすめです。

固形物を食べずにお腹を満たすことができます。

また、水分の補給もできます。

食欲を抑えられない方はぜひスープを間食に取り入れてみてください!



酵素ドリンクを使った断食もおすすめです。

酵素ドリンクとは野菜や果物などを原材料に使用し、発酵させた飲み物です。

酵素ドリンクを飲むと、内臓を休ませることができます。


他にも、腸の動きを活性化させるので便秘に効果ありです。

ぜひ試してみてください!

⬆︎目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は”断食の効果”について書きました。


断食の効果についてまとめると・・・

 

〈断食の効果〉

・胃や腸を休める

・体の内側からきれいにできる

 


ストレスがたまるこの現代社会に何も食べないなんてさらにストレスがたまるでしょう。

ですが、体が資本の僕たちにとっては断食は必要です。



この記事をきっかけに内臓に休暇を与えてあげてください。

そうすれば必ず自分にとってプラスになるはずです。

いっしょにこの現代社会と戦いましょう!



ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事が皆さんの力になることを祈っています。

⬆︎目次に戻る

ダイエットに関連する記事一覧

【ダイエット】二の腕に効果的?二の腕を細くさせる筋トレ

【ダイエット】酵素ドリンクにハーブザイム を使っている理由と効果

【筋トレ】筋トレ初心者が自宅でできるメニューと続けるコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール

ともブログのともです。
京都府出身で25歳のブロガー
歌うこと、食べることが大好きです!
僕が経験したことを皆さんと共有したいためにブログを始めました。
ダイエット、おすすめ紹介、コーヒー、ミニマリストなどについての記事を書いています。

▼ 詳しいプロフィール
「とものプロフィール」