コーヒーは健康に効果的?

皆さんこんにちは。

ともブログのともです。

皆さんコーヒー飲みますか?

僕はコーヒー大好きです!

コーヒーは主に眠気覚ましに飲まれます。

でも、コーヒーの効果ってそれだけではないんです!

今回はそんなコーヒーの効果についてお話ししたいと思います。

では、参りましょう!

コーヒーが与える健康効果とは?

眠気覚ましによく飲まれるコーヒー。

コーヒーが与える健康効果を今回は3つ紹介したいと思います。

リラックス効果

コーヒーってとってもいい香りがしますよね。

喫茶店に入るとコーヒーの香りが身に染みます。

それは、コーヒーの香りによって脳内にアルファ波が増えることが原因です。

⬆︎目次に戻る

脳を活性化させる

よくボケ防止にコーヒーを飲むことが推奨されます。

コーヒーには、ポルフェノールの1種であるクロロゲン酸類が含まれています。

クロロゲン酸は認知機能を向上させ、注意力の低下を防ぐ効果があります。

コーヒーを飲むことで認知症にかかる割合が減ったという実例もあります。

⬆︎目次に戻る

胃の動きを良くする

レストランなどで食後のコーヒーが出されますよね。

コーヒーを飲むことで、クロロゲン酸が胃液の分泌を促し、消化を助けてくれます。

でも、空腹時にコーヒーを飲むことで胃の粘膜を刺激し、胃を荒らすリスクがあるので注意が必要です。

どうしても飲みたい場合は、ミルクなどを入れることをおすすめします。

⬆︎目次に戻る

コーヒーに含まれるカフェインの持続時間は?

カフェインの持続時間は約4時間程度と言われています。

また、体外に排出されるのは約8時間程度です。

これを参考にコーヒーを飲まれるのが効果的です。

僕は、カフェインの覚醒効果を狙って、筋トレをする1時間前くらいにコーヒーを飲みます。

コーヒーの覚醒効果はパフォーマンスを向上させる効果もあります。

⬆︎目次に戻る

ある食べ物と相乗効果が狙える?

コーヒーにはある食べ物と一緒にとることで相乗効果があります。

ナッツ

1つはナッツです。

ナッツにはアルギニンという成分が含まれており、コーヒーと一緒にとることで脂肪燃焼効果があります。

⬆︎目次に戻る

バナナ

2つ目はバナナです。

コーヒーを飲み過ぎると頭痛や吐き気など起こした経験はありませんか?

それは、カフェインの取りすぎで血糖値のバランスを崩すことが原因です。

ですが、バナナと一緒にとることで、血糖値のバランスを整え、頭

痛や吐き気などの症状を防いでくれます。

⬆︎目次に戻る

ヨーグルト

3つ目はヨーグルトです。

ヨーグルトは腸内の善玉菌を増やす効果があります。

そのため、便秘を解消してくれます。

また、コーヒーに含まれるカフェインは脂肪燃焼の効果があります。

ヨーグルトとコーヒーにより、ダイエット効果をもたらしてくれるというわけです!

⬆︎目次に戻る

まとめ

いかがでしたか?

コーヒーには驚くべき効果がたくさんあります。

コーヒーブレイク時にはぜひ僕の紹介した相乗効果が望める食べ物を試してみてください!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

皆さんに良いコーヒーブレイクが訪れることを祈っています。

⬆︎目次に戻る

食事に関連する記事一覧

【ダイエット】ファスティングの簡単なやり方

【食事】ダイエット者必見!僕がオートミールをおすすめする理由

【食事】減量できる?ダイエットで痩せないときの対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール

ともブログのともです。
京都府出身で25歳のブロガー
歌うこと、食べることが大好きです!
僕が経験したことを皆さんと共有したいためにブログを始めました。
ダイエット、おすすめ紹介、コーヒー、ミニマリストなどについての記事を書いています。

▼ 詳しいプロフィール
「とものプロフィール」