コーヒー豆の細かさで味が変わる?コーヒー豆の挽き方

皆さんこんにちは。

ともブログのともです。

皆さんコーヒーはお好きですか?

老若男女に好まれているコーヒーですが、

実はコーヒーは粒の細かさで味が変わります。

「ちょっと濃いのが飲みたいなぁ〜」と思っている方は”極細挽き”をどうぞ。

コーヒーの濃さを変えたいなと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

コーヒー豆の粒度

粗挽き

粗挽きはザラメ糖(1〜3mm)くらいの大きさで挽きます。

抽出に時間がかかりますが、苦味を抑えられます。

コーヒーが苦くて飲めない方はぜひ試してみてください。

⬆︎目次に戻る

中挽き

中挽きはグラニュー糖より少し大きめに挽きます。

”中挽き”は一般的な粒度で、苦味と酸味のバランスが取れています。

ベーシックなコーヒーが飲めますよ。

⬆︎目次に戻る

細挽き

細挽きはグラニュー糖(0.2〜0.7mm)くらいの大きさで挽きます。

粒度が細かいのでコーヒーの成分が抽出しやすく、苦いコーヒーが飲みたい方におすすめです。

⬆︎目次に戻る

極細挽き

極細挽きはほとんどパウダー状です。

苦味が一番抽出しやすい粒度で、エスプレッソが飲みたい方におすすめです。

⬆︎目次に戻る

コーヒーを挽くことを楽しもう!

コーヒーは飲むだけでなく、挽くときでも楽しむことができます。

コーヒー豆を挽いた時にフワッといい香りがしませんか?

あれはアロマを放っており、リラックス効果があります。

注意してほしいのは、コーヒーを入れる前に豆を挽く時です。

コーヒー豆を挽いた後、しばらく放っておくと酸化して風味が逃げます。

その結果、おいしくないコーヒーが出来上がります。

コーヒー豆を挽く時は飲むと決めてからですよ!

⬆︎目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コーヒーは豆を挽く粒度を変えることで様々な味を楽しむことができます。

コーヒーの濃さを変えたいなって方はぜひ参考にしてみてください。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事が皆さんの役に立てることを祈っています。

⬆︎目次に戻る

コーヒーに関連する記事一覧

【簡単】お家で作れる!ドリップコーヒーを使ったカフェラテの作り方

【簡単】ドリップコーヒーを使ったカフェオレの作り方

100均で買える?僕が使っているおすすめのコーヒー豆の保存容器

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール

ともブログのともです。
京都府出身で25歳のブロガー
歌うこと、食べることが大好きです!
僕が経験したことを皆さんと共有したいためにブログを始めました。
ダイエット、おすすめ紹介、コーヒー、ミニマリストなどについての記事を書いています。

▼ 詳しいプロフィール
「とものプロフィール」