【書評vol13】仕事への価値観を見直そう!『まんがで変わる 仕事は楽しいかね?』

皆さんこんにちは。

ともブログのともです。

今回紹介する1冊はこちら

『まんがで変わる 仕事は楽しいかね?』デイル・ドーテン

皆さんは仕事に対してどういった価値観を持っていますか?

「考えていたのと違う」「面白くない」

なんて思っていませんか?

本書は仕事に対する様々な価値観を教えてくれます。

今回はその中でも参考になった2点を紹介します。

  • 失敗を恐れない
  • 明日は今日の自分と違う存在になる

仕事に対して悩みを持っている方はぜひ参考にしてみてください。

『まんがで変わる 仕事は楽しいかね?』 あらすじ

あらすじ

デザイナーを夢見ながらカフェでアルバイトを続ける奈津。漠然とした不安と焦りのなかで、気がつけば32歳。不思議な老人マックスとの出会いをきっかけに、今いる場所でできることを試し始めることで、新たな夢へとつながっていく―仕事観を揺さぶる魔法の本、ついにまんが化!

引用:amazon

⬆︎目次に戻る

失敗を恐れない

皆さんは失敗を恐れずに行動できていますか?

突然ですが、こんな話があります。

あるホテルでクッキーを焼こうとしていたルーク・ウェークフィールドという女性がいました。

その日彼女はチョコレートクッキーを焼こうと考えてました。

しかし、急いでいたせいかチョコレートを溶かさずに刻んだ状態でクッキーを焼いたそうです。

案の定チョコは溶けずにそのまま焼かれていました。

これが“チョコチップクッキー“の誕生話です

他にも薬をソーダ水とまぜたらコーラができたなどあります。

このように偶然が数々のヒット商品を生み出しています。

何が言いたいかというと・・・

行動することでそこらじゅうに落ちている“偶然“と出会えます。

それに気がつくと「仕事が楽しい!」と感じることができるかもしれません。

行動することが大切ですよ。

⬆︎目次に戻る

明日は今日の自分と違う存在になる

明日は今日の自分と違う存在になるは「試す」という行為を助長しています。

自分がやってみたいと思ったことは何でもやってみるということです。

たとえば、黒澤明監督は昔から画家として活動していましたが、映画監督になっています。

ハリーポッターで有名なJKローリングは教師でしたが作家になっています。

将来自分がどんなふうになっているかなんて誰にもわかりません。

失敗を恐れずに何度でも「試す」を続けることで新しい自分になれるはずです。

⬆︎目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『まんがで変わる! 仕事は楽しいかね?』を紹介しました。

本書は仕事に悩みを抱えている方に向け書かれています。

僕は本書を通じて、仕事が楽しくなる考え方を学びました。

また、本書はまんが形式なので活字が苦手な方にも読みやすいものとなっています。

ぜひ一度手にとってみて下さい!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が皆さんの役に立てることを祈っています。

⬆︎目次に戻る

書評に関連する記事一覧

【書評vol6】人生の悩みに哲学者はすでに答えを出していた?

【書評vol.4】自由に生きる3つの方法とは?『自由であり続けるために』四角 大輔

【書評vol.3】『なぜ、あの人の周りに人が集まるのか?』から学ぶ人を思いやる大切さ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール

ともブログのともです。
京都府出身で25歳のブロガー
歌うこと、食べることが大好きです!
僕が経験したことを皆さんと共有したいためにブログを始めました。
ダイエット、おすすめ紹介、コーヒー、ミニマリストなどについての記事を書いています。

▼ 詳しいプロフィール
「とものプロフィール」