【書評vol15】『FIRE 最強の早期リタイア術』から学ぶ働かなく生きていく方法

皆さんこんにちは。

ともブログのともです。

今回紹介する1冊はこちら

『FIRE 最強の早期リタイア術』クリスティー・シェン




皆さん、働かない人生はどうですか?

”遊んで暮らして金もある”

そんな人生憧れませんか?

本書は特定の要件(年齢、経歴、学歴)関係なく、誰しもお金持ちになれるプロセスが書かれています。

僕も正直嘘くさいなぁ〜と思っていました。

しかし、読んでみるとなるほどなぁ〜と納得させられました。

今回は本書を読んで、参考になった点を紹介します。

  • 収入、支出、投資のバランス
  • 失敗しない投資のやり方
  • 貯金と定額投資

これから『FIRE 最強の早期リタイア術』を読もうかなと考えている方、ぜひ参考にしてみてください。

収入、支出、投資のバランス

本書では”支出→投資→収入”と考えるように推奨しています。




皆さんは”収入と支出、投資”をどう考えていますか?

収入だけを考えていませんか?

”収入があって、支出して余ったら投資しよう”

または”投資は怖いからやらない”など考えてはいませんか?




投資はギャンブルではありません!

投資は支出を生み出してくれるものです。




本書では”投資による利益で生きていこう”と書かれています。

たとえば、300万のリターンを生み出してくれる投資を生み出せば、収入は入りません。



つまり、働かなくていいんです。

夢のような話ですよね?




そのためのファーストステップは”生活に必要な費用を見直すこと”です。

言うなれば”固定費”です。

そうすれば無駄な支出が捻出でき、より有益な支出ができます。

⬆︎目次に戻る

失敗しない投資のやり方

本書は失敗しない投資のやり方として”インデックス投資×債券”を推奨しています。




インデックス投資とはいろんな株が入っている。

たとえば、いろんな種類のりんごが1袋に入っていることです。



債券は国に借金をさせると考えるといいかな。

インデックス投資のハイリスクハイリターンと債券のローリスクローリターンを組み合わせることによって、リーマンショックのような金融不況になってもリバランシング(再調整)ができます。

インデックス投資がダメでも債券は生きてると捉えてください。

具体的な投資方法は本書に書かれているのでぜひ!

⬆︎目次に戻る

貯金と定額投資

お金に余裕がない場合はどうすればいいのか?




本書には”収入の10分の1を貯金”と”定額投資をすれば30年後、裕福になれる”と書かれています。




最近ではワンコインで投資できる制度もあるのでお金に余裕がなくても投資に手を出しやすい状況です。

僕も積立NISAをやっています。




自分が手を出しやすいところからコツコツやることがいいですね!

⬆︎目次に戻る

読書するならKindle unlimitedがおすすめ

読書するなら、Kindle Unlimitedがおすすめです。

Kindle Unlimitedとは・・・


 

・月額980円で200万冊以上が読み放題。

・スマホやPC、タブレットなどで利用できる。

・小説、ビジネス書、雑誌、洋書、マンガなどジャンルが豊富。

 




初めて利用する方は30日間の無料体験ができます。

気になったらぜひ試してみてください!


Kindle unlimited無料体験はこちら

⬆︎目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『FIRE 最強の早期リタイア術』を紹介しました。




今回紹介した他にも本書には・・・

  • 資産が倍になる時間
  • ローンは負債
  • ウォール街からお金を奪う方法

など早期リタイアのために参考になることが書かれています。

ぜひ一度読んでみてください!




ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事が皆さんの役に立つことを祈っています。

⬆︎目次に戻る

書評に関連する記事一覧

【書評vol14】泣ける小説『きみの瞳が問いかけている』【ネタバレあり】

【書評vol11】お金について学ばされた!『バビロン 大富豪の教え』

【書評vol10】老化の原因とは?『LIFE SPAN 老いなき世界』から学ぶ若さを維持する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール

ともブログのともです。
京都府出身で25歳のブロガー
歌うこと、食べることが大好きです!
僕が経験したことを皆さんと共有したいためにブログを始めました。
ダイエット、おすすめ紹介、コーヒー、ミニマリストなどについての記事を書いています。

▼ 詳しいプロフィール
「とものプロフィール」